ロングスカートのコーデ

基本はトップスをコンパクトにする

ロングスカートは人気のファッションアイテムです。太さやO脚など脚のコンプレックスを丸ごと隠してくれます。また、年齢関係なくコーディネートしやすいので、大人女性でも無理なくスカートを着用できるのもロングスカートの魅力です。ロングスカートを取り入れたコーディネートをする際、基本となるのはトップスはコンパクトにすることです。 ロングスカートは下半身にボリュームが出るファッションアイテムですので、トップスも長めのものにしてしまうと全体にボリューム感が出てしまいスタイルアップして見えません。コーディネートとしても全身のバランスが取りにくいので、ロングスカート初心者という方はまず、丈感が短いトップスと合わせてみましょう。

ウエストインやマークでスタイルアップ

ロングスカートだと何となく全身がのっぺりして見えて、スタイルアップして見えないという場合、トップスのウエストインやベルトでウエストマークするスタイリングがおすすめです。ウエストインやベルトでのウエストマークをすることで、ウエスト部分にキュッとくびれが出来ます。スタイリングでウエストにくびれが出来たことで、女性らしいボディラインが強調され着やせ効果が期待できます。

また、自分のウエストのくびれより少し上でトップスをインして着こなす、ベルトでウエストマークするとより脚が長く見える効果も期待できます。ロングスカートは隠したい脚などをカバーできるのはもちろん、スタイリングによってはスタイルアップして見える便利アイテムです。